ここが知りたい

Q うちの子 変わるの?

すぐに あきらめてしまう、おちつきがない、がまんできない、じしんがない、

おこりっぽい、ともだちをしきる、わがまま、たよってばかり、ことばづかいがらんぼう・・・bearing

bearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearingbearing

こんなふうに、うちの子 だいじょうぶかな?と思われたこと、ありませんか?

安心して下さい! モンテッソーリ教育でこどもは必ず変わります!

たとえば・・・

one最後まであきらめない子になります。two落ち着いて考える子になります。three我慢強い子になります。

four自信が持てる子になります。five優しい子になります。six友達と仲良くできる子になります。

seven素直な子になります。eight進んでお手伝いをする子になります。nine言葉遣いが丁寧な子になります。

diamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamond

変わるメカニズムは・・・

check.gif教具との出会いによって check.gif手を使うことによって check.gif繰り返すことによって

check.gif集中することによって   check.gif達成することによって

変わるのですsign01

622_011aa.jpg

Q どんな教育をしているの?

モンテッソーリ教育を取り入れています。

子ども達には、言葉や数、身体の運動を学ぶのに、もっともふさわしい

「敏感期」がほんの短い期間 やってきます。

その時期を捉えた的確な教育は、子ども達の能力を飛躍的に発展させ、

バランスのとれた人格を形成するために、最も効果的です。

自分で選び、教具、教材に集中して取り組み、最後までやり遂げる

経験をしたこどもは、「ひとりでできた!」という喜びにあふれ、

次第に、主体的に生きる力を獲得していきます。

こどもは、よりよく生きたい、成長したいという強いエネルギーを

もっています。教師は、こども一人ひとりを大切にしながら

「ひとりでするのを手伝ってね」というこどもの心の声に耳を傾け、

適切な援助をしています。

モンテッソーリ教育は、世界各国で研究され、信頼され、取り入れられている教育です。

712_021bb.jpg

 

Q モンテッソーリ教育には どんな活動があるの?

                      diamond 日常生活の練習 diamond

今の世の中は、日常生活で使われている物は、ほとんど手を使わずに済む 便利な物であふれています。

大人にとって便利な環境であっても、子どもは手を使うことに飢えています。

幼稚園では「ひも通し」「縫う」などの指先を使う活動、「タオルを絞る」「お洗濯」などの腕や全身の筋肉を

使う活動が用意されています。

また「靴を磨く」や「花を生ける」などの身の回りをきれいにする活動、「お茶のサービス」や「野菜の皮むき」

といった食べ物を扱った活動も用意されています。

子どもはお母さんのようにやってみたいと、憧れを抱いています。活動に使っているアイロン、包丁、針など

すべて本物です。危ないからさわらせない、のではなく、やり方をゆっくり正確に見せてあげると、子どもは

じっと見てその通りにやりますから、ちっとも危なくありません。

教具はすべて子どもに合った大きさや重さで、色や形も子どもにとって魅力的です。

日常生活の練習は、モンテッソーリ教育の土台となっています。

74_007bb.jpg

Q モンテッソーリ教育の感覚教具って?

                    diamond 感覚教育 diamond

見る、触る、聴く、嗅ぐ、味わうという5つの感覚は、使えば使うほど磨かれていきます。

幼児期は特に豊かな感性を育てる時期です。

モンテッソーリの感覚教育は、子どもの感覚を洗練させ、知性の発達を促す優れた教育です。

教具は、1感覚のみ孤立化されていますから、子どもに正確で鮮明な記憶となって残ります。

木製の教具が多く、触り心地のよい木のぬくもりは、子どもを落ち着かせます。

また、活動を通して正しい名称を覚えることで、言語面とのつながりができます。

1つの教具の中に、バリエーションが豊富にありますので、活動を展開させるおもしろさや、

難度を上げて挑戦する楽しさがあります。

74_017b.jpg 

Q モンテッソーリ教育って英才教育?

                       diamond 数教育 diamond

幼児期から数教育だなんて・・・と抵抗を感じる方は多いと思いますが、子どもをよく観察してみてください。

子どもは、かぞえたり、合わせたり、正しい答えを知るのが大好きです。

モンテッソーリの数教育の特徴は、具体物を使い、見て触って確かめながら進みます。

決して小学校のような計算をすぐするのではありません。教具は系統的に細かいステップが組まれています。

まず、1から10までの数詞と序列を知ることができる教具、そして十進法や連続数を認識できる教具、さらに

加減乗除のしくみを学ぶ教具、やがて暗算へと導く教具などが用意されています。

教具の中には、間違いを自分で訂正できる性質があり、子どもは間違いを気にせず何度でも活動できます。

「そうか」「わかった!」という発見が、子どもの論理的に物事を捉える力を育み、数学的頭脳の育成につながります。

622_012cc.jpg

Q 読み書きもしているの?

                 diamond 言語教育 diamond

幼児期は、爆発的現象でことばを吸収していく時期です。

モンテッソーリの言語教育は、正しい言葉遣いや美しい日本語をおぼえる話すための教具、

そして書くための教具や読むための教具が準備されています。さらに品詞や文法がわかりやすく

理解できる教具も用意されています。

74_012jj.jpg

Q 文化教育ってなあに?

                 diamond 文化教育 diamond

「地球はどうなっているの?」「世界はどんな国があるの?」

モンテッソーリの文化教育は、子どもの不思議や神秘的なものへの興味に応え

生命の尊さや、目に見えない偉大な力への畏敬の念を抱かせます。

たとえば、教具を使って聖書の世界に触れていく活動や、地理、歴史、植物、生物に関する活動、

また、実際にクラスで植物を育て観察したり、育てた野菜を収穫して食べる経験もします。

子どもは、自然との共存を実感し、感謝する心や愛の心を持つようになります。

モンテッソーリが、「平和は 子どもから はじまる」と言っているように、モンテッソーリ教育の

最大の目的は、平和教育です。

622_021d.jpg

 

Q 選択活動以外にどんな活動をしてるの?

年齢別の横割り活動をしています。体育、絵画製作、音楽リズムを年間計画に沿って行います。

また、週1回、英語のレッスンがあります。

年長児は、園長先生から聖書のお話を聞く、みことばクラスがあります。

外遊びも、現在は天気や風向き、放射線量を測りながら、時間を制限しつつ安全に遊べるよう

工夫しています。

また、年間を通して さまざまな行事があり、1つの目標に向かって力を合わせる経験が

子ども達を成長させてくれています。

sacooer_040cc.jpg

Q クラス編成はどうなっているの?

縦割りクラスで、満3歳児、年少児、年中児、年長児(3歳~6歳)が1クラスの中で一緒に生活しています。

年齢の違う子ども達が、きょうだいのように関わり合って良い影響を与え合っています。

5クラス(すずらんぐみ、ばらぐみ、すみれぐみ、ゆりぐみ、さくらぐみ)で、1クラス25人前後です。

クラスは担任1名、副担任1名の2名で保育をしています。

712_139aa.jpg