モンテッソーリ教育

子どもを観察することから生まれた『モンテッソーリ教育』。子どもたちは、言葉や数、体の運動を学ぶのにもっともふさわしい「敏感期」がほんの短い期間にやってきます。そして、子どもの脳は、手を使えば使うほど活性化します。モンテッソーリ教育では、「敏感期」に子どもたちが遊びながら「日常生活」「感覚」「数」「言語」「文化」といった5つの分野の本質を体得できるよう魅力的な環境を整え、一人ひとりの可能性や成長を促します。

モンテッソーリ教育で、子どもは必ず変わります。

  • 最後まであきらめない
  • 落ち着いて考えられる
  • がまん強くなる
  • 自分に自信が持てる
  • やさしくできる
  • ともだちと仲良くできる
  • 素直になれる
  • すすんでお手伝いができる
  • 言葉づかいがていねいになる

モンテッソーリのおしごと

こどもは感覚で物事を体得していくもの。モンテッソーリ教育では、「教具」と呼ばれる道具を使い、さまざまな「おしごと」を行います。こどもたちは、自分で興味のあるものを選び、取り組みます。道具を使いながら自発的に「おしごと」をやっていくうちに、自然とその本質がわかっていくのです。

おしごとの一例を紹介します

日常

普段の生活で営んでいることを、本物の道具を使用しながら手や体を使って実体験。日常生活の練習をします。

洗濯

洗濯板に向かって、手や腕を力いっぱい使ってゴシゴシ。汚れをきれいに落とします。

アイロン

こどもサイズのアイロンで、布のしわを伸ばしたり折り目をつけたり。お母さんがやっている憧れのおしごとを体験します。

感覚

見る、触る、聴く、嗅ぐ、味わうという5つの感覚を養い、豊かな感性を育てます。

音感ベル

高い音、低い音など音階や音色の違いを聞き分け、楽しみながら聴力を洗練します。

色板

色の濃淡を順番に並べて、デザインを考える楽しさを味わいます。

教具を使って数を認識。「そうか」「わかった!」という発見が、論理的に物事をとらえる力を育みます。

切手あそび

数字が書かれた切手型のカードを並べていきます。1000の位までの加減乗除の計算が、簡単に理解できるようになります。

数の棒と数字カード

赤と青の色で分けられた棒と数字のカード。目で見たりさわって長さを確かめながら、1から10までの量と数字を認識します。

言語

正しいことば使いや美しい日本語を覚え、ことばや文字によるコミュニケーション能力を高めます。

五十音ならべ

文字をパズルのように順番に並べることに集中します。みんな大好きなおしごと。

文字

筆順を指でなぞることで、記憶に残りやすくなります。正しく書く前段階の練習に最適。

文化

「地球はいつできたの?」「世界にはどんな国があるの?」そんな未知なる不思議への興味を促し、広い視野を持った平和的な人格形成を目指します。

世界地図

アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、オセアニアの5大陸にある、たくさんの国の名前や特徴を学びます。

国旗

覚えた国の国旗をつくり、旗の模様やマークにこめられた意味を知っていきます。

使った道具はきちんとお片づけ