沿革

1696年(元禄9年)

(元禄9年)

フランスのシャルトル郊外にある村「ルヴェヴィル」で、シャルトル聖パウロ修道女会は生まれました。戦争で貧困にあえぐ人々への奉仕と教育活動が、ここからはじまりました。

1893年(明治26年)

(明治26年)

仙台白百合学園の前進である「私立仙台女学校」が修道院長スール・ザークを中心に開校。初代校長に芳賀俊吾先生が就任しました。

1907年(明治40年)

(明治40年)

文部省管轄の学校に昇格し、「私立仙台高等女学校」となりました。後に「仙台高等女学校」と改称。

1945年(昭和20年)

(昭和20年)

仙台大空襲により校舎を焼失。焼け残った「ルルドのマリア像」が学園のこころの拠りどころとなりました。

1948年(昭和23年)

(昭和23年)

学制改革に伴い、中学・高校を設置し、校名を「仙台白百合学園」と改め、校章も梅の花から百合の花へと一新されました。

1998年(平成10年)

(平成10年)

自然豊かな環境の中、花京院で過ごした105年の伝統を土台に、新たな発展を目指し、泉区紫山へ校舎移転。